~7月の安全運転のポイント~

生活道路の安全走行

*歩行者や自転車の道路横断を予測する
生活道路は道幅が狭いため 自動車の交通量が少ない反面
歩行者や自転車が多くみられます。
生活道路では、歩行者は横断歩道がない場所でも安全確認をせずに横断
してくることがあります。自転車も後方を確認せずに道路を横断したり進路変更を
することがありますから、生活道路では速度を落とすとともに、急な道路横断や飛び出し を予測した運転を心がけたいですね。

*ゾーン30では 時速30km以下で走行しましょう

 

~三井住友~

カテゴリー: お知らせ, スタッフブログ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です